地域包括支援センター

健康・生活・財産・権利に関する総合相談窓口です。
市町村や介護、医療、福祉などの関係機関と協力して、主任ケアマネジャー、社会福祉士、保健師等が様々な相談や悩みを聞いたり、地域で活躍するケアマネジャーを助けながら、安心で暮らしやすい地域づくりを目指しています。

住所    〒509-5202 岐阜県土岐市下石町1060番地

TEL    0572-57-6661( 内線 307 ・ 308 )
        月曜日から金曜日までの8:30から17:15まで。
        (国民の祝日及び12月29日から1月3日までを除く)

FAX    0572-57-4611

土岐市西部地域包括支援センターの指定介護予防支援事業運営規程

対象者

下石町、妻木町及び鶴里町に在住の65歳以上の高齢者又はその支援のための活動に関わっている方

主な事業内容

1.相談業務

 ・一人暮らしで困っていることがある

 ・最近物忘れが出てきたかも

 ・施設のことを教えて欲しい

 ・介護保険のことを知りたい

 ・足腰が弱ってきた

 ・自分にあった健康づくりがしたい

 ・悪質な訪問販売に困っている

 ・両親のことで相談がしたい

 などの相談を受け付けています。
 体調が悪かったり、家族の介護で地域包括支援センターへ行けない場合は、職員が自宅訪問することも出来ますので、まずはお気軽にお電話ください。

2.一般介護予防教室

 ・はつらつ元気塾(運動器・口腔機能の向上講座、栄養改善講座)

 ・お達者教室(認知機能の維持向上講座など)

 など、要支援・要介護認定を受けていない方を対象とした、心身機能の維持・増進を目的とした講座を行っています。

3.出前講座

 ・認知症サポーター養成講座 などの認知症関連講座

 ・熱中症予防講座

 ・高齢者の健康づくり講座

 など、地域の集まりに出張して出前講座を行います。講話をはじめ、運動を取り入れるなどして、いつまでも住み慣れた地域で生活していくお手伝いをしています。

4.認知症カフェ

・よってこカフェ
 ( 毎月第2木曜日 13:30~15:00 ウエルフェア土岐3階大会議室 で開催)

 認知症の方とその家族、地域住民、専門職が交流し、認知症になっても住み慣れた地域で安心して、尊厳あるその人らしい生活が継続できるようにすることで、認知症の方やその家族を支える地域づくりを推進しています。また、地域の方に認知症について関心を持っていただき、自ら認知症を予防することを目的としています。
 気軽にお立ち寄りください。

0